賢い「中古品」の買い方

賢い「中古品」の買い方

中古品を買って失敗した、という方も多くいると思いますが「中古品」を買う時何を注意して買うべきかを考えてみましょう。

どこで買うか?

最近、特に増えているのが「詐欺サイト」です。
これはまず「中古品」以前の問題ですがどこかのリサイクルショップで出品されている商品の画像だけを引っ張て来てあたかもそこで販売しているように装う手口です。
価格も安くて送料無料で出されているのでプライスだけ比べると他店より断然お得です。
でもどことなく書いてある文章が意味不明だったり住所から検索すると怪しかったりします。
そもそも「送料無料」というのは小さい商品ならともかく大型の機械や家具などではそれなりの金額がかかるため中古品の場合、本体より高くなってしまうこともよくあることです。
それが「無料」となっているというのはちょっとおかしいと判断すべきでしょう。
このようにネットで手軽に買うというのはそれなりにリスクを伴うことと考えておくべきでしょう。

賢い「中古品」の買い方

ネットオークションの「展示品」とは?

いまだによくわからないのはヤフオクなんかでよく「展示品」として出品されている商品。
通常、「展示品」というと店頭で展示されていたものを想像しますがこの場合だいたいは「中古品」です。
ではなぜ「展示品」で出品するのか?「展示品」と表示すると買う側が「未使用品」だとか「開封しただけの新品」と勘違いして商品の評価が高くなることを狙っているにすぎません。
例えば住宅展示場などで本当に展示さていた商品であれば「モデルルーム展示品」と表記がはっきりします。
ということでネットオークションで「展示品」と表記されている商品は「中古品」と考えておいたほうが無難です。
しかもその出品者が他の商品にも「展示品」という表記を多用しているのであればそれなりに気を付けておいた方がよい出品者ということにもなると思います。
商品の画像の加工も一般的によく行われているそうなのできれいな画像に目を奪われないようにすることも大事です。 

賢い「中古品」の買い方

4つのパターンの中古品

中古品の特徴としてまず1つ目はその商品が新しいかそれとも古いかです。2つ目はその商品の状態はきれいかそれとも汚いかです。
これを4つのパターンにしてみると・・

  • 1.製造年数も新しくてきれいな商品
  • 2.製造年数が新しいけど状態が悪い商品
  • 3.製造年数が古いけどきれいな商品
  • 4.製造年数が古くて状態が悪い商品

当然選ぶなら1番の「製造年数が新しくてきれいな商品」がいいに決まっています。
そして一番買ってはいけないのは4番の「製造年数が古くて状態が悪い商品」です。
では2番の製造年数が新しいけど状態が悪い商品」と3番の「製造年数が古いけどきれいな商品」が選択肢としてあるときどちらを選ぶべきでしょうか?

中古品というのはそれを以前どのような形で使用していたかによって中古品としての価値が決まります。
例えば同じ商品でもコンビニのようなところで毎日頻繁に使用していたものと会社で年に数回使われるかどうか、という設置されていただけの商品があったとしてもその情報を商品に添付して販売することはありません。
結局やはり「見た目」が大事なのです。使用頻度の高いものは擦れて汚くなっていますし使われていないものは全くきれいです。
それでも新しい商品の価格はある程度の相場で付けられるので結局年式が古くても状態がきれいなものを購入した方が安全度は高いといえます。

賢い「中古品」の買い方

まとめ

結局、中古品というのはちょっと「ギャンブル」的な要素が多分にあると考えていくのが後悔しないと思います。
新品だって新商品だからと言って飛びついて買って損をした、という方も多いでしょう。中古だからというのではなくてやはり購入するときはよく考えて購入するべきだと思います。
ここで中古品を買う時の最善な方法をお教えいたします。
まず購入しようとしている中古品があるとするとそれはロングセラーの商品か、そうでない商品かということです。
つまりロングセラーの商品は長く愛され続けている商品で長持ちもするし壊れた時のメーカーの対応もよいので長く販売されているわけです。
方や、購入しようとしている商品が日本製でなく壊れた時に修理もきかないとなると手に入れた時から悩みの種になる商品かもしれません。
中古品というのは買ってからのこともよく考えて購入するのが賢い選択だと思います。

    無料査定やご相談はコチラ!
    <お忙しい方向け>
    10秒相談フォーム
    お名前/法人名
    フリガナ
    電話番号
    メールアドレス
    分類
    ご質問内容 または
    査定希望品の情報
    (メーカー・種類・型番他)
    画像添付

    左側のボックスにチェックを入れてください

    パーマリンクをブックマーク

    コメントは受け付けていません。