業務用冷蔵庫が故障したサインとは?

freezer trouble 業務用冷蔵庫が故障したサインとは?

業務用冷蔵庫の故障原因とは

業務用冷蔵庫の故障原因の大半は経年劣化によるパーツの故障です。
 
冷蔵庫はファンやコンプレッサーなど、冷蔵機能を発揮するために
 
大きく負荷を掛けるパーツで構成されています。

そのため、どうしてもパーツの劣化が発生し、故障に繋がってしまいます。
 
もちろん丁寧に使うことで劣化を遅らせることはできますが
 
あくまで電化製品ですのでいつかは故障します‥
 

これって故障?業務用冷蔵庫故障のサイン

冷蔵庫の温度調整がうまくいかない

コンプレッサーやファンに異常があると考えられます。

特にコンプレッサーに異常が発生した場合は修理をするにも高くつく場合も‥

電源が入らない

電源系統に異常もしくは断線が発生しています。

こちらも原因をはっきりさせないと修理に掛かる費用の想像が難しいです。

故障した業務用冷蔵庫は修理か買取かどちらが良いのか?

結論から申し上げますと買取もしくは引取後に買い替えを行うことが賢い選択です。

修理を行い、パーツを換装したとしてまた別のパーツが故障する‥

経年劣化による故障は全体的なパーツの劣化が考えられます。

何度も何度も修理をする必要があることを考えると

いっそ買い替えてしまったほうがお得です。

その際は故障した冷蔵庫の処分を考える必要があります。

故障した業務用冷蔵庫の買取は無限堂へ

故障した業務用冷蔵庫は無限堂にお任せください!

無限堂は修理を行えるスタッフ在中の中古業務用機器の売買を行っています。

修理ができそうなものは買取を、難しそうな場合も無料引取りを行えます。

業務用冷蔵庫の調子が悪くて買い替えをご検討の方は是非無限堂までご連絡ください!

電話やメールなどでいつでもご相談ください!

 メールでお問い合わせ
 電話でお問い合わせ
 FAXでお問い合わせ
 LINEでお問い合わせ

カテゴリー: コラム   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です